商工会事業の主なメニュー

 
 
 

共済・保険

商工会ではこんな共済を取り扱っています。

積み立てとお考えなら
商工貯蓄共済
・1口 2,000円の掛け金で
・10年満期
・死亡保険が付いています
・6~65歳まで加入可能です
+ 医療特約付けられます・ 詳しくは商工会まで

けがの保障とお考えなら
会員福祉共済
・6~65歳の方なら
・月々 2,000円の掛け金で
・けがの死亡 800万円
・けがの入院 8,000円(1~1000日間)
・通院、手術、後遺症の保障あり
+ 1,000円で医療特約付けられます・ 詳しくは商工会まで
会員福祉共済 シニアプラン
・65~80歳の方なら(継続加入85歳まで)
・月々 2,000円の掛け金で
・けがの死亡 500万円
・けがの入院 5,000円(1~1000日間)
・通院、手術、後遺症の保障あり
+ 1,000円でシニア医療特約付けられます・ 詳しくは商工会まで

がんの保障とお考えなら
がん重点保障
・6~65歳の方なら
・月々 3,000円の掛け金で
・がんと診断されたら 100万円
・がんの手術 10~40万円
・がんの入院 10,000円(日数無制限)
・がん以外の入院、手術、先進医療共済の保障あり・ 詳しくは商工会まで
がん重点保障 シニアプラン
・66~74歳の方でも
・月々 6,000円の掛け金で 上記の『がん重点保障』と同じ保障が受けられます

制作した製品による事故が心配
中小企業PL保険制度
・PL法に対応した、万一のアクシデントをカバーする保険制度です
・本制度に加入できる方は、商工会員等に限られます
※LPガス販売、旅館経営、航空機(部品)製造、専門職業人(税理士、薬局、薬店等)等の方は
 本制度の対象にはなりません

取引先の倒産に巻き込まれたら大変
経営セーフティー共済
・取引先事業者が倒産し、売掛金債権等が回収困難になった場合、貸付が受けられる
 共済制度です
・毎月の掛金 5千円から20万円
・共済金の貸付額は、回収困難となった売掛金債権等の額と掛金総額の10倍に相当する額の
 いずれか少ない額の範囲内で請求した額となります

経営者の退職金制度
小規模企業共済制度
・事業主の退職金制度です
・掛金月額1,000円から70,000円
・経営者が事業をやめたり、役員を退いたときに共済金が支払われます
・掛金は全額所得控除、共済金は退職所得扱いとなるなど、税務上のメリットもあります

従業員の退職金制度
中小企業退職金共済制度
・国がつくった従業員の退職金制度です
・掛金月額は5,000円から30,000円。掛金の一部助成制度もあります
特定退職金共済制度
・商工会に加入している事業主であれば、誰でも従業員を加入させることができます
・掛金月額1,000円から30,000円


その他の共済
各種共済
・火災共済・自動車事故費用共済 http://www.alps.or.jp/kasai/
・傷害共済 http://www.naganokyosai.or.jp/

◎各種共済につきましてはそれぞれのページでご覧いただけます。
 詳細については商工会にご相談ください。

 お問い合わせ : 信濃町商工会
TEL 255-4311

ページトップへ